国内旅行

【国内旅行】一人旅を楽しむための方法10選!

更新日:


国内の旅を一人旅として、楽しむ方は多いと思います。

旅に出かけることは沢山のメリットがありますので、出不精で行ってみたい思いを行動に移せないぼっちさんには是非思いきって欲しいところです。

幼き頃から今までの「楽しかった」という思いや、「大切にしたい」という気持ちって生きていくための、糧になっていたりしませんか?

一人旅はそれと同等の糧になる可能性を、沢山秘めているのです。

しかし、そのためには一人旅を楽しい時間、忘れられない思い出にする必要があり、旅を楽しむための方法を知っておくほうが良いですよね。

そこで、一人旅を楽しむためのポイントを色々な目線から紹介していきますので参考にして頂きたいと思います。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】ノープラン

旅の計画を綿密にプランニングする方と、行き当たりばったりなノープラン行動が好きな方と、旅には両極端な楽しみ方があります。

もちろんどちらが良いか優劣を付けることなど出来ませんし、どちらも楽しみ方として成立しています。それを踏まえた上でおすすめしたいのが、「ノープラン」で旅を楽しむ方法です。

せっかくの旅ですから、時間に追われ過ぎる様なカッチリ感は避けたいところですし、多少フレキシブルに動けないと、楽しい時間を逃してしまうことも。

訪れた先で突発的に興味があるイベントが開催されていたり、以前から行ってみたい場所が実は側にあった。そんな予定を変更したくなる様な出来事も、ノープランな時間さえあれば、なんなく対応でき楽しめます。

逆に既に料金を払ってしまっている予定などが盛り沢山で詰め込んであれば、予定変更は困難なものになりますよね。

つまり、ノープランをおすすめしたいのは旅の計画を全て行き当たりばったりで楽しむ!という訳ではなく、ゆったりとしたプランニングを心がけて欲しいということ。

誰にも気をつかうことなく、自分の意思決定を優先できるのが一人旅のメリットなので、予定を詰め込み過ぎることなく、ノープランな時間を取り入れた一人旅にしましょう。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】一人の時間を満喫!

日常生活においても、「一人」だからという理由で遠慮をしてしまうことってあると思います。

並んでいたのに、一人で広いスペースを使用するのは悪い気がして複数グループに先を譲ったなどの経験は多くのぼっちさんがあることでしょう。もちろん悪いことではありません、常識的にもその行動が称賛されることは多いかと思います。

しかし、国内一人旅においては「一人」ということを如何に楽しむことが出来るかがキーポイントになるのです。ですから「一人」を理由に遠慮をしたり、諦めたりと普段しているような行動を、旅の最中は減らしてみることをおすすめします。

一人で大きめのテーブルで食事をしてもいいのです。一人でテーマパークの乗り物に乗っていいのです。厚かましく図々しくなれという意味合いでは決してありません。

あくまで、一人の時間を満喫するという目的のために当たり前を我慢しないということなんです。例え一人だとしても、きちんと並び順番を待って得た権利、本来誰にも文句を言われる筋合いはないことなのですから。

一人で旅をする自分のための旅行、一人の時間を満喫して楽しい思い出にしましょう。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】歴史・文化の事前予習!

何の事柄においても博識の高さは無駄にはならず、知っていることは損にはなりません。無論、一人旅においても知識は大切で前もって学んでおくことは旅の時間を濃密なものにする重要なポイントです。

特にそう感じるのは歴史や文化に関してであり、訪れた先でもっと調べてくれば良かったと後悔した経験は多くの方があるでしょう。

歴史や文化に触れる際には、視覚的情報と聴覚的情報にて楽しむことが圧倒的に多いと思います。例えば、歴史的建造物を見学することや伝統的な祭事に足を運ぶなどで、「見て聞いて」が基本的となるのです。

つまりは、「思うや考える、感じる」ということが情報の後になり、「見てから考えた、聞いてみて思った」となります。

それを事前予習として、予備知識を得ているとどうなるでしょう。

例えば、寺院の色彩が豊かで一見の価値ありという予備知識があれば、見る前に色を想像したりしませんか?すると、初見でいきなり目に映るよりも想像以上だった場合、感動はより大きなものになりますよね。

このように、事前リサーチや得た知識は旅の感動や感性的な満足をより大きなものにする鍵となるのです。ですから旅先で歴史や文化に触れる際には特に下調べを心がけてみるの、一人旅の満足感を充実させることができるでしょう。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】現地の料理!

旅の楽しみの一つといえば、食事ですよね。それが旅先の名産や旬な物であるならばなおのこと楽しめます。

日本国内には四季があり、季節によっても異なりますし、訪れた旅先でも楽しめる食材が変わります。新鮮で様々な味を楽しめることから、国外からも多くの観光客が訪れるのにも納得できますよね。

一人旅においては、現地でしか堪能することができない通な料理を、例え並んででも食べるほうが、おすすめです。旅先に決める場所は、近隣ではないことも多く、一度訪れれば再訪するということは、あまり無いですよね。

だとしたら、そこでしか食べることのできない美味に舌鼓をうち、堪能し一人旅の思い出として刻むべき。一人旅の食事はまさに一期一会と言っても過言ではないでしょう。

同じ食材を使用していても、そこでしか行わない調理法などもあるので旅先が決定したら、食べるべき料理のリサーチは欠かさないようにすると良いです。

その土地ならではの旬な食事を選ぶべきで、逆の食材を選ばない様心がけてみてください。旅先が山間部であるのにも関わらず海の幸を注文したり、せっかくの海沿いの旅なのにカレーライスを注文してしまったりと、もったいない選択だけは避けましょう。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】趣味!

一人旅を楽しむ上で、「趣味」を兼ねることができたとすれば、それはこの上なく楽しいことであると思います。

この趣味には2通りの意味を持たせていて、一つ目は旅という行動自体を趣味とすること。二つ目は、旅という行動と別の趣味を合わせるということです。

旅に出かけることを趣味として楽しむ生活は、それが出来ない人から見たら本当に羨ましいことです。行きたいと思える場所に行き、訪れなければ見ることができなかったものを見る。その経験は何事にも代えがたい価値のあることだと思います。

簡単なことの様に感じて実はこれが難しいのです。他に趣味があればそちらに割く時間もあり、なにより金銭的な問題が大きなネックになります。ですから、旅を趣味として楽しむことの出来るぼっちさんは、その幸せな境遇を存分に楽しんで下さい。

また、旅と別の趣味を兼ねることも贅沢な一時を楽しむことができます。旅先で趣味の絵を書いたり、知らない土地をランニングしてみたりと考えるだけでもワクワクしてきますよね。

旅先じゃなくても出来ることをわざわざ旅先でするという行動も、一人旅を楽しむポイントの一つだと思うので、旅先でも出来る趣味をお持ちのお一人様は、ぜひ存分に趣味の時間を旅先で過ごしてみてください。

その趣味の違った一面が見えたり、別の魅力を感じることが出来たりと新たな発見に繋がるかも知れません。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】読書!

本を読むことが好きな人、活字に触れる生活をおくっているお一人様。逆に文字が嫌いな人、出来れば本は読みたくないぼっちさん。人それぞれだと思います。

ですが、一人旅において読書はとても有意義な時間の使い方ができるので、読書が好きな人にはもちろんのこと、生活のリズムに読書という概念が無いというぼっちさんにも本当におすすめします。

読書が嫌いだという方に多く聞かれるその理由は、本を読んでいる時間が無いということと、文字を見ていると眠くなり退屈だということです。

しかし、この読書嫌いの2大理由を、まったなしで論破してくれるのが一人旅なのです。

一人旅は、誰が考えても解ることで同行する人は他に誰もいません。自分ひとりですから、どうしても何かに向き合ったり、何かで時間を潰さなければならない瞬間が存在します。

代表的なのは移動時間や待ち時間です。電車を利用しての旅であればまさにその典型的パターンと言えるでしょう。

目的地までの電車内は、基本的にスマホを触っている時間となるはずです。その時間に読書をすることをおすすめします。なにせ暇で、何かをすることを探す時間ですから「時間が無い」という理由を否定することができます。

そして、退屈になるかもしれない時間を有効につかう訳ですから、当然退屈な時間にはなり得ません。

おすすめしたいのは、短編集などの完結型の本から始めて見ると良いでしょう。物語の結末が長いと移動時間内で読み切れなかったり、続きが気になってしまい旅のスケジュールを圧迫することにもなり兼ねません。

読みたいと思えた本があればそれが一番良いですが、何を読めば良いか迷ってしまったお一人様には、是非手に取って頂きたいのが短編集です。

旅の楽しみの一つとして、読書を癖づければ日常生活にも活字が馴染み、生活と価値観、感受性に潤いを与えてくれることでしょう。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】カメラ!

一人旅に出かけた際に、写真を撮ろうと思えるぼっちさんはどの程度いるでしょう。自分が映りこむ写真と考えなければ、かなりの数のお一人様が写真を撮影するはずです。

せっかく訪れた旅先の素晴らしい景色や、思い出の場所、素敵なロケーション、美味しい料理。どの一時を切り取っても色あせることのない一枚になるからです。

逆に、写真撮影なんて必要無い、後で見返すこともないし、誰にも見せないんだから。と写真を撮らない派のぼっちさんに「一人旅で楽しむカメラ」の魅力をお伝えします。

そもそも、カメラと聞くとそれだけで拒否反応が出てしまうぼっちさんもいらっしゃることでしょう。一眼レフや、ミラーレス一眼といった専門的なカメラを持ち歩く方を快く思わない人もいるからです。

しかし、現在はスマホの普及はすさまじい数値になっていて、恐らく持っていない人は滅多にいないでしょう。そして、必ずスマホには高性能のカメラが内蔵されています。

そのスマホのカメラで充分なのです。撮りたくない、拒絶してしまう考えを騙されたと考えて一枚、二枚と撮影してみてください。そしてその写真をすぐに見返してみて下さい。

何気なく撮った一時の写真でも、自分が切り取った一瞬はなんだか愛着が湧いて来ます。無理をしてでも撮影した旅を続けていれば、帰ってきた時に、気が付くはずです。写真って難しいことじゃないし、恥ずかしいことじゃないんだなと。

きっと写真の魅力に気づけた後には、より良い性能のカメラを手に入れたくなるはずです。

写真が上手く撮れるというだけでも、新しい素敵な出会いに繋がることもあるので、一人旅をカメラと共に楽しんじゃいましょう。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】現地・旅人との出会い!

旅において、人との触れ合いや出会いというのは、その旅を充実したものに出来る大きなきっかけになってくれます。

この地球上に生きる全ての人と出会うことなど出来ませんが、すこしでも多くの人に出会い話をすることが出来たとしたら、とてもすごいことで出会いが多いほどに、その人の価値観や人間性は価値のあるものになっていくと思えませんか?

人は一人一人当然のことながら、異なっていて違う考え方や価値観、倫理観で生きています。その違いや種類を知ったり触れたりすることで、自らの思考や物の尺度が成長していくものだと思います。

そんな人間としての成長を、旅先での出会いは育んでくれるのです。旅先で隣に座った人、電車の車掌さん、売店の売り子さん、店員さん、道ですれ違う人。みんなその一瞬しか出会わない人でもあり、その先も出会える人でもあります。

少しでも多くの一瞬を、出会いに変えることが出来るのは自分だけで、それを心がけれるだけで、心がけた人の心と人間性は豊かになっていくことでしょう。

ですから、一人旅にでかけたら積極的に人を話をしてみてください。挨拶だけでも良いのです。食事の後に料理の好評を伝えるだけでも良いのです。その行動がきっと自分を育ててくれると思います。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】異性との出会い!

旅の楽しみや目的の一つに異性との出会いは、旅に出かける誰しもが頭の片隅に存在している切な願いでもあると思います。

実際に、一人旅を通して異性との出会いがあったという人は3人に1人というかなり期待をしてしまう驚愕のデータすら存在しています。

逆を考えれば、それだけの人が異性を意識して旅をしていたり旅先で旅人を見ているということですよね。これには男性も女性も関係なく、男女間の差はありません。

比較的、世の中は旅先での出会いを求めているのは男性だという偏見にも近い形で、イメージを持ちますが決してそうではないのです。女性だって確実に出会いを期待していて、多くの人が口や態度に出さないだけなのですから。

それを踏まえたうえで、一人旅で出会いを探すという楽しみは充分理にかなっているし、異性と出会える方法としても確実に成り立っているのいます。

しかし、日常での出会いとほんの少しだけ違いがあり、様々な誤解やトラブルを引き起こしてしまい兼ねない種も含んでいるので、「出会い」になりそうなチャンスの時には、相手の思考や感情をしっかりと見極めることを疎かにしてはいけません。

楽しい一人旅で、異性との出会いがあればその旅は、まさに運命の旅となります。そんな出会いを探し求めに、出かけてみるのも良いでしょう。

 

 

【一人旅を楽しむ方法】WEBサービス!

一人旅を楽しむのであれば、様々なWEBサービスは上手に活用すべきです。

WEBサービスと一言で言い表して良いのか迷ってしまう程に、現代では様々な便利なサービスが存在しており、利用するのとしないのでは雲泥の差になってしまうこともあるため、積極的に利用していくことをおすすめします。

旅に関わる「予約」に関してWEBサービスを利用することは最早常識ともなっていることであり、様々な情報を比較して厳選すべきポイントでもあります。

同じ宿泊先で、同一のプランであっても予約時に異なったサービス先から予約すればもっと格安になる例などはいくつも存在します。

また、予約特典などが多く存在するのもWEBサービスの特徴でもあります。WEBから予約することによって人件費の削減にも繋がることから業界全体が推奨していることも関連し、とてもお得な特典が付随してくることも多いのです。

これは宿泊先だけに限らず、旅先での観光名所やテーマパーク、食事を取る場所などにも同一のことが言え、利用しないと損をする程の特典すら存在しています。

こんなところで特典なんて無いと考えてしまわずに、あったらラッキー程度に考えて必ず調べてみること癖をつけておくと良いです。

せっかくの一人旅をお得に充実したものにできるのであれば、利用しない手は無いWEBサービス、ぜひ多くのぼっちさんに利用してもらいたいポイントです。

 

 

【国内旅行】一人旅を楽しむための方法10選!

ほんのちょっとしたことに目をむけたり、気にしたりするだけで一人旅をより楽しいものに、より充実した時間にすることができます。

せっかく旅に出かけるのですから、楽しい時間になった方が良いに決まっていますよね?

一人旅は、自分自身を知ることのできる良い時間です。大人になればなる程に時間に追われることが増えて、ゆっくりと自分のことを考えることが出来なくなってきます。

仕事と仕事終わりの時間、明日の仕事への時間といった様に、生活のリズムも一定になってしまい、自分が工夫をしなければ毎日が同じ繰り返しになり「楽しむ」という本当の意味を忘れてしまう様になってしまうのです。

そんな時に、一人で旅に出かけてそれまで全く興味がなかったものに触れて見たり、経験してみたりすると、新しい自分に出会うことが出来たり、繰り返しの日常への刺激になり生きる力を得ることができると思います。

非日常を感じることが、人生においてとても重要で退屈や慣れから脱却できる数少ない方法だと思えるぼっちさんには、迷うことなく一人旅に出かけて欲しいです。

一人だからこそ得られる、充実感と楽しさを一人旅で存分に味わってください。

はっちくん
ぼちぼち、出かけてみるかわん!

 

【国内旅行】一人旅で出会うための方法10選!

一人旅に出会いを求めいてる!というぼっちさんは、実のところ少なくないでしょう。 成人し、仕事に就いたり、生活のリズムが一定になればなる程に「出会い」のきっかけは少なくなるのが当たり前です。 そもそも「 ...

続きを見る


青春18きっぷで一人旅を始めてみよう!

青春18きっぷで一人ブラブラとどこかに行ってみようかな?と考えたことがあるお一人様はいませんか? そう!実はこの「青春18きっぷ」。知名度は抜群で、良く知らないけれど名前は聞いたことがある方は沢山いる ...

続きを見る


自転車一人旅の持ち物・おすすめスポット10選!

自転車一人旅って、なぜかロマンを掻き立てられる一言だと感じませんか? それはきっと、人間にとって歩くことから走ることに変わり、最初に自力で遠方まで行くことができる移動手段の「初めて」が自転車であること ...

続きを見る


【完成版・国内旅行】一人旅をしたい人へのまとめ記事!

日本国内を一人旅で楽しみたいと考える方はとても多く、あそこに行ってみたい、あれを見てみてみたいと楽しい時間を想像し心を弾ませているお一人様も多いことでしょう。 しかし一人で旅行をしたことがなくて、何か ...

続きを見る

 

 







ぼち充から究極のリア充へ!

今年こそぼち充を卒業して究極のリア充を目指してみましょう。そのために、最も効率的に出会うことができるアプリ「ペアーズ」を活用して恋人を作りましょう!

自分の趣味や好みのタイプの異性を検索できるため、ぼっちやコミュ障でも気軽に話しやすい異性を簡単に探すことができます!

カップル様
私たちはペアーズでカップルになりました(*≧∀≦)ゞ

リゾートバイトで究極のリア充へ!

リゾートバイトはリゾート地に住み込みで働くアルバイトです。宿泊代・食事代・移動代など完全支給で日本全国で働くことができます。

何と言ってもこのリゾートバイト、アルバイトの中で最も簡単に出会えるバイトです。異性と共同生活を送るのでどんなコミュ障でも出会いがあるバイトなんです。

リゾートバイトの中でもここで紹介する「アルファリゾート」が最もユーザー数が多いので、興味がある方は無料登録をしておきましょう!

カップル様
リゾバをしなければ出会ってなかったわね(*≧∀≦)ゞ

-国内旅行

Copyright© はっちぼっちステーション , 2020 All Rights Reserved.