居酒屋

一人立ち飲み屋でのルール・心得を把握しよう!

更新日:

一人立ち飲み屋でのルールや求められる心得などについてまとめてみました。

一人ぼっちで初めて行く立ち飲み屋には、どうしても不安を感じてしまいがちです。行き慣れている人と行く場合はまだしも、一人ぼっちでいざ立ち飲み屋に行こうと思っても、守るべきルールや心得などがよく分からないことがよくあります。

立ち飲み屋でタブーとされていることがどうしても気になってしまっては、心底楽しめることはできないでしょう。

ぼっちで立ち飲み屋に行くというのは、お酒が好きで、一人楽しく色々な種類を味わたいという人にはオススメの飲み方となります。

立ち飲み屋での飲み方というと、サッと入って、グイッと安いお酒を何杯か飲み、同時に美味しいツマミを楽しんで、ある程度したらサッと帰る楽しみ方がオススメの飲み方です。

つまり、軽くお酒とつまみを楽しみたい人にとっては最高の飲み屋となります。

普段の居酒屋ですと、友達とワイワイ話し込みながらお酒を飲むという楽しみ方になるでしょう。ですので、一人で行く立ち飲み屋は、その対極のお酒の楽しみ方が出来るというわけです。

そんな一人で行く立ち飲み屋をより楽しむために、ぜひ下記の立ち飲み屋のルールや心得を参考にしてみて下さい!

はっちくん
一人立ち飲みのルールを覚えておこうわん!

 

【一人立ち飲み屋ルール】少人数で行こう!

少人数で行くという一人立ち飲み屋のルール・心得の一つに関してです。

立ち飲み屋は一人でも十分楽しめるのですが、それでも友達とどうしても行きたいという場合があると思います。その際は立ち飲み屋に一緒に行く人数に注意が必要です。

立ち飲み屋に大人数で行くことは、ルール的に好ましくはない行いです。

というのも、立ち飲み屋が重視していることは、少ないスペースでより回転率を上げられるかというということになります。

つまり、大人数で立ち飲み屋に行くことは、それだけおしゃべりが発展しすぎてついつい長居をしがちになり他のお客さんに迷惑をかける可能性があることや、限られたスペースですので他のお客さんが入れなくなってしまうことに繋がってしまいがちです。

ですので、立ち飲み屋に行く際は出来るだけ少人数で行くことが心得となります。具体的には、3人ほどがちょうどいい人数と言えるでしょう。

立ち飲み屋のルールとして、出来るだけ少人数でサッと飲むことが好まれます。

少人数で、軽くお酒を飲んで、軽くつまみを食べて、軽くおしゃべりを楽しむ。

そして、1軒目をサッと楽しんだら、すぐに2軒目に移ってみるというのが立ち飲み屋をより楽しむための心得となります。

 

 

【一人立ち飲み屋ルール】小銭を用意しよう!

小銭を用意して行くという一人立ち飲み屋のルール・心得に関してです。上記でも書きましたが、立ち飲み屋が重視をしていることが回転率です。

薄利多売で、よりたくさんのお酒や料理を提供し、より多くのお客さんに飲み食いを楽しんでもらいという思惑があります。

ですので、立ち飲み屋で提供される料理やお酒は安い値段のものが多いです。また、立ち飲み屋での支払いのルールとして、大きく分けて二つの支払いのルールがあります。

一つが、カウンターで注文をする度に料金を支払うというルール。

二つ目が、他の飲み屋と同じ様に、最後にまとめて支払いをするというルールとなります。

二つ目の支払いのルールは特に問題はないのですが、大事なのは一つ目の支払いのルールです。

この支払いのルールをCODと言うのですが、この支払い場合、会計が1000円以内になるケースが多々あります。

その時に、小銭などが無くて、支払いに手間取ってしまうと立ち飲み屋の回転率を遅くしてしまう原因となってしまいます。

ですので、一人ぼっちの立ち飲み屋では、なるべく多くの小銭を持っていき、支払いをスムーズにするということが大事な心得となります。

一人での立ち飲み屋ですので、そうそう大量に頼むことがないと思いますので、

ぼっちで行く際は小銭の準備は怠らない様に注意が必要です。

 

 

【一人立ち飲み屋ルール】長居はしないようにしよう!

長居はしないという一人立ち飲み屋のルール・心得に関してです。

このルール・心得も立ち飲み屋の回転率を上げるために気をつけるべきことです。一人立ち飲みで理想とする飲み方・楽しみ方としては、いかにサッと飲み食いをするかということになります。

ですので、ぼっちで立ち飲み屋に来た際は、深酒をしないことが大事な心得です。深酒をしてしまうと、どうしてもついつい長居をしてしまう傾向があります。

その上、ぼっちで立ち飲み屋でいる際は周りで飲むのを切り上げる人もいませんので、より長居をしてしまいがちでしょう。

また、長居をして一人ぼっちで深酒をしてしまうと、酔っ払いすぎて他の人に絡んでしまうことも考えられます。

各々が一人なり、小グループで静かにサッと飲むというのが立ち飲み屋の心得となります。

ですので、深酒をしないで軽く飲む程度に留めておくのが、一人ぼっちでの立ち飲み屋の守るべきルールです。

「もう十分飲んだかな?」と思ったら、すぐに立ち飲み屋を後にしましょう。

その様なスマートな飲み方をすることが、立ち飲み屋からしても好まれるお客となります。

 

 

【一人立ち飲み屋ルール】自分のスペースを気をつけよう!

自分のスペースに気をつけるという一人立ち飲み屋でのルール・心得に関してです。

上記でも書きましたが、多くの立ち飲み屋は狭いスペースのお店です。

より多くのお客さんが入れる様に、最低限のカウンターのスペース、最低限のテーブル数を意識した建物造りとなっていています。

したがって、一人立ち飲み屋に来た際は、自分のスペースには常に気を使うという心得が必要です。

自分のスペースを気にする際に注意すべきポイントが、テーブル上でのスペースと、人が立つスペースの二つとなります。

一つ目のテーブル上でのスペースに関してですが、これはおつまみを頼む量に関してです。立ち飲み屋で提供される料理は安い値段設定の物が多いですので、一人で立ち飲み屋に来た際に一気に大量のおつまみを注文しがちです。

ですが、そうなるとテーブル上のスペースが一気におつまみに占領されてしまい、他のお客さんに迷惑をかけてしまいます。

それを避けるためにも、一人ぼっちで立ち飲み屋さんに来た際は、一回の注文で必要最低限の数のおつまみを適宜頼む心得を持ちましょう。

二つ目の人が立つスペースに関してですが、要はぼっち立ち飲み屋に来た際に手荷物は少なくするという心得になります。狭い立ち飲み屋のスペースを少しでも広くするために、荷物は少なめで行くというルールを守る様にしましょう!

 

 

【一人立ち飲み屋ルール】大声で騒ぐのはやめよう!

大声で騒がないという一人立ち飲み屋でのルール・心得に関してです。

立ち飲み屋での心得としては、大人な飲み方が求められます。

つまり、酒を大量に飲み、馬鹿騒ぎをしてしまうというのは立ち飲み屋ではルール違反です。

大声で騒ぐことなく、お酒を楽しむというのが一人立ち飲みで求められる心得と言っていいでしょう。

一般的に、立ち飲み屋に来ているお客さんの多くは、一人で軽くお酒を飲んでみたいという目的や、繋ぎのお店として少人数でお酒を飲みたいという目的で来ているのです。その様な場で、大声で騒いでしまう様な飲み方をしてしまうのは、明らかなルール違反となります。

その様な人は、居酒屋だったり、クラブの様な雰囲気の飲み屋に行くべきです。

ぼっちで立ち飲み屋に来た際は、周りのお客さんに迷惑をかけないことを心得として、一人の世界に入り浸ってお酒やつまみを楽しむというのがルールに沿った飲み方と言えます。

紳士淑女の様な飲み方をしていれば、基本的に立ち飲み屋のルールに違反することはないでしょう。

ですので、一人立ち飲み屋に来た際は、是非とも立ち飲み屋が公共だと常に意識しながら、しっぽりとお酒とつまみを楽しむ様な心得を持つべきです。

はっちくん
ルールを覚えて一人飲みに行ってみようわん!!
【完全版】一人立ち飲み屋の楽しみかた5選!

一人立ち飲みの楽しみ方についてまとめてみました。 まず、一人立ち飲みについてどのようなイメージを抱きますか?一人でつまらなそう?友達がいなさそう?ハードルが高そう?一人で何すればいいの?一人で飲むなら ...

続きを見る

【完全版】一人飲みの楽しみかた5選!

一人飲みの楽しみ方や、何をすべきかという点についてまとめてみました。 普段居酒屋などの飲み屋には一人ではなく、複数で行きみんなで盛り上がりながらワイワイ飲むという人がやはり多いのではないでしょうか? ...

続きを見る

【完全版】一人ぼっち外食の難易度ランキング!

一人ぼっち外食の難易度ランキングをベスト15にまとめました。 世の中では一人〇〇がプチブームになっています。例えば、友達がいないなどの理由から、ひとりカラオケやひとり映画など、誰かと行くような場所に一 ...

続きを見る







★★ぼち充からリア充への道★★

ぼち充から究極のリア充へ!

2018年こそぼち充を卒業して究極のリア充を目指してみましょう。そのために、最も効率的に出会うことができるアプリ「ペアーズ」を活用して恋人を作りましょう!

自分の趣味や好みのタイプの異性を検索できるため、ぼっちやコミュ障でも気軽に話しやすい異性を簡単に探すことができます!

カップル様
私たちはペアーズでカップルになりました(*≧∀≦)ゞ

リゾートバイトは最も簡単に友達ができるアルバイト!

リゾートバイトはリゾート施設や観光名所に住み込みで働くアルバイトです。住み込みのアルバイトなので、一緒に働いているアルバイト仲間と簡単に友達になることができます!

夜は部屋で飲むもよし、休みの日はアルバイト仲間と観光へ行くもよし、ぼっちを抜け出すためにはリゾートバイトが手っ取り早いです!

はっちくん
お金も稼げて友達ができるなんて最高だわん!

-居酒屋

Copyright© はっちぼっちステーション , 2018 All Rights Reserved.