娯楽

一人で遊園地に行くぼっち遊園地は楽しいの?

更新日:


一人ぼっちでも遊園地やテーマパークで楽しみたい!

そんな風に考えることが出来るポジティブぼっちな皆様にとっては、お一人様で行動しアクションを取ることは難しいことでは無く、自由で価値のある時間を楽しみ過ごしていることでしょう。

しかし、そんなぼっちの行動の中でも難易度が高いと言われているのが、ぼっち遊園地です。一人でも充分に楽しむことが出来る行動や場所には、一人でも楽しむことが出来る理由や工夫を簡単に見出すことが出来ます。しかし遊園地に関してはどうでしょうか?

少しだけ想像してみてください。

一人で楽しみ満足の行く時間を過ごす姿を想像することが出来たでしょうか?もしすんなりと想像できているのであれば、もしかしたらあなたは「ぼっちマスター」か「ぼっち神」なのかもしれませんね。

つまり、様々な一人ぼっちのシーンを過ごしてきている手練れにとっても「ぼっち遊園地」は難しいと感じてしまう位に難易度が高いということを理解して頂きたかったのです。

ですが、一人だからといって楽しめないことが存在するのは許せません。リア充であろうが無かろうが、一人ぼっちであろうが無かろうが、楽しいことは平等に楽しめるべきですよね。

そんなハートの強い崇高なぼっちの皆様の為に、難易度の高い遊園地を攻略すべく、ぼっち遊園地を楽しむ方法をまとめていきましょう。

 
 

ぼっち遊園地はアトラクションに並ぶ時が辛い!

では、まずぼっち遊園地を楽しむにあたって何が難易度を高めているのかを考えていくことにしましょう。遊園地の醍醐味と言えばやはりアトラクションであると思います。人気の高い遊園地のアトラクションともなれば長蛇の列になることは良くあることです。

この並んでいる瞬間は「辛い」と感じてしまうぼっちが多いのではないでしょうか。有名テーマパークを例にすると混雑時には3時間~5時間の待ち時間を要することもあるのです。長時間に及ぶアトラクション待ちを攻略することが、ぼっち遊園地を楽しむ近道とも言えるでしょう。

では、アトラクションに並んでいる時間がなぜ辛いのかということに焦点を置いてみます。するとぼっちであるが故の弱点が露になってくるのです。

  • 周囲は誰かとおしゃべりをしたりして待っている
  • 並び時間に写真撮影をしたりしながら、皆での思い出を作っている
  • なぜ遊園地に一人?と思われてそうで怖い

上記3点は、ぼっち遊園地経験者が辛いと思った瞬間を切り取った意見です。簡単にまとめてみると、「長時間に及んで孤独を感じる時間が辛い」「一人ぼっちであることが周囲の人にどう映っているのかが気になる」ということになるでしょう。

しかし、現在にはスマホという非常に便利な友達がいるので孤独を感じてしまう時間には上手に利用することで乗り切ることは可能です。音楽を聞きながら過ごすもよし。読み物も時間を有効に使えるのでおすすめです。

なぜ一人で遊園地に?と思われてしまうことに関しては、堂々とすることで全く問題ありません。

実際に一人でテーマパークを楽しむ方は沢山いますし、他人がどう思っているかなど気にしなくて良いのです。ぼっちでいる側が考えている程テーマパークを楽しんでいる人は他人に興味を持っていないのですから。

 

 

ぼっち遊園地は二人乗りアトラクションが辛い!

アトラクションに並び待っている時間も辛いですが、更に二人乗りのアトラクションであれば辛さは倍増することになります。そもそも二人で乗ることを前提として作られているので楽しみが半減してしまう可能性を秘めていることも否めません。

一人ぼっちであるが故の孤独を強く感じてしまうことが、ぼっち行動におけるポジティブな思考をネガティブにしてしまう大きな要因なのです。

スタッフの誘導に従い周囲に溶け込みながら列を進んでいっても「何名様ですか?」の瞬間や、二人乗りアトラクションに一人で乗り込む瞬間には、孤独を感じずにはいられないでしょう。

ですがテーマパークやアトラクションによっては、お一人様専用レーンが設けられていたりと対策されていることもあります。孤独を感じてしまう代わりにメリットもあることを認識すれば差し引きゼロと考えることが出来るはずです。

メリットとしては、お一人様専用のレーンがある場合には並びが比較的少ないので早くアトラクションに乗ることが出来たり、本来数人で使うはずのスペースを一人で独占することが出来ることにあります。

一緒に過ごす人に気をつかったり、気を取られたりしてじっくりと楽しむことが出来なかったアトラクションも、一人であれば思うままに楽しむことが出来るので、思わぬ発見や楽しみ方を見出すことが出来ることも大きなメリットです。

 

 

ぼっち遊園地でも周りの人は気が付かない!

上記でも若干触れていますが、ぼっち遊園地を楽しんでいても周りの人はその事実に気が付くことは少ないと言えるでしょう。まず一人で行動している人を見かけたからといって、「あっ!あの人一人で遊園地に来てる!」などと思う人は稀であるからです。

一人であろうが、誰かと訪れていようが他人には重要な問題では無いのですから。それに一人でいるからといっても、その人が遊園地に一人で来ているとは限らないですよね?

家族で遊園地を訪れている際にたまたま一人の瞬間なのかもしれませんし、別行動をとっているだけなのかもしれません。

実際によくあるパターンでは、小さな子供などがいる場合には家族全員で絶叫系のアトラクションに乗ることは難しいので、アトラクションを楽しむ側と、子供と過ごす側に分かれて遊園地を楽しむ夫婦も多くいます。

それを踏まえて考えてもぼっち遊園地は、周囲に気付かれ難いと言えるのです。強いて気付かれる可能性がある瞬間を挙げるとしたらアトラクション等の待ち時間に並んでいる瞬間や、二人乗りのアトラクションの時でしょう。

ですから、難易度が高いと言われている一人ぼっち遊園地とはいえ、臆することなくチャレンジして下さい。

 

 

遊園地が好きな人は一人ぼっち遊園地がおすすめ!

実際に、一人ぼっち遊園地を楽しむにあたって1つだけ絶対条件があります。この条件を満たしていない場合には、一人ぼっち遊園地を楽しむことは難しく、むしろ孤独をより一層感じてしまう退屈な時間になってしまうでしょう。

では、その絶対条件とはいったい何かというと「遊園地が好きであること」です。

そもそも遊園地自体が苦手だったり、行っても楽しむことができないと自覚している人であれば楽しむことは難しいですよね。好きなことだから、誰かと一緒では無くとも楽しむことができるという部分は非常に大きいと思います。

事実、一人ぼっち遊園地を楽しむ方の多くは遊園地自体が好きと公言している場合が多く、その割合的に女性が高くなっていることも特徴的です。

某有名遊園地では、お一人様で訪れている女性が多いことに驚かされることがあります。一人ぼっちでも充分に楽しんでいる女性達を見ていると、一人遊園地は全く臆することなく恥ずかしいと思うこともなく楽しめることなんだなと実感できるでしょう。

ですから、遊園地が好きであると自覚できているぼっちであれば、一人遊園地を存分に楽しむことができると言えるのです。

 

 

一人遊園地で好きなアトラクションに乗り放題!

一人遊園地の醍醐味として、好きなアトラクションに乗り放題という大きなものがあります。

様々な一人ぼっち行動において、他人に縛られることなく自由に行動できるということは、多くのぼっち行動に共通するメリットです。そのメリットである自由に行動できるということが、特に顕著となるのがぼっち遊園地なのです。

遊園地を訪れる人の全てが、どんなアトラクションも好きで何度でも乗りたいと考える訳ではありませんよね。一緒に行動する人数が増えれば増えるだけ、行動が制限されるのは想像するに容易いでしょう。

本当は、違うアトラクションに乗りたいのに我慢したり、乗りたくないアトラクションに乗ったりする経験をしたことのある方は少なくないはずです。

「本当はもう一度このアトラクションに乗りたいけれど」や「このアトラクションよりもあっちのアトラクションに乗りたい」「少し休憩してから乗りたい」など一人では無いが故に生じる想いは誰しもが経験することでしょう。

それが、一人遊園地であれば好きなアトラクションを好きな時に好きなだけ、思うがままに楽しむことができます。遊園地好きのお一人様にはたまらないメリットではないでしょうか?

 

 

一人遊園地で好きなショーを見放題!

一人ぼっち遊園地では、好きなショーを好きなだけ見られることも特権の1つなんです。遊園地といえば、様々なショーや催物が開催されていることがありますが、人によってはショーを見るよりもアトラクションを優先したいということも少なくありません。

もし、複数人で遊園地を楽しんでいる際に自分の見たいショーに反対する意見を持った人がいたとすれば、見たいという意見を主張することは勇気のある行動になってしまいますよね。

仲の良い仲間であれば言いたいことも言えるかもしれませんが、一緒に遊園地を訪れる全ての人がそうとは限りません。

その点、お一人様で遊園地を楽しむのであれば好きなショーを好きなだけ見ることができ、誰にも迷惑をかけることもなく、気兼ねする必要など皆無です。

ショーの虜になる比率としては女性が多い傾向にあるため、有名なショーが開催される遊園地では一人ぼっち行動の女性が多く見られるのでしょう。

一般的に、せっかく遊園地に遊びに来ているのだからアトラクションを楽しむ時間を優先したいと考えるほうが自然なのかもしれません。

そう考えるとショーも存分に楽しみたいと思うぼっちの皆様は、遊園地好きであり、むしろお一人様で遊園地を楽しむほうが効率が良く満足度が高いと言えるでしょう。

 

 

夜の遊園地なら以外とひとりぼっちが多い!

遊園地を楽しむ時間でお一人様が多い時間帯。それは夜からの時間帯です。この現象には確固たる理由があります。

まず、夜のほうが人目につきにくいという理由があるでしょう。お一人様行動は、その心情から「なるべく目撃されたくない」と考える方が多い様です。ましてや、行く場所は遊園地。

近しい人にも、知り合いにも一人ぼっちで遊園地に行っていたという事実は、出来ることならば知られずにいたいと考えることから視認性の低い夜の時間帯に、訪れることが必然的に多くなるのです。

また、休日や祝日には混雑するのが当然の流れです。人が多く集まれば目撃される確率は高まります。それを考慮して平日の夜に仕事終わりにと考える方も多くいます。

対極するような理由も存在しています。遊園地に遊びに行きたいし、孤独を感じてしまう時間を減らしたいと考える人が夜に遊園地を訪れる様です。

家に帰り一人の時間を過ごすよりも、同じ一人であれば好きなアトラクションなどを楽しんで過ごし、人のいる場所にいたいと考えることに起因します。

つまり、初めての一人遊園地にチャレンジを試みる際に、どうしても勇気が出ないなど一歩が踏み出せない時には、夜から遊園地を訪れて最初は、短い時間を過ごし楽しむ方法がオススメできるということになります。

同じ様に一人で遊園地を楽しんでいるぼっち同士と交流が持てるなんてことも、あるのかもしれません。

 

一人遊園地がしやすい場所は?

遊園地が好きな人には特に、お一人様遊園地がオススメでメリットもわかってきたところで、気になってくるのはどこの遊園地に行けば良いの?という部分でしょう。

一人遊園地がしやすい場所として以下のポイントから紹介していきましょう。

  • 絶叫系に強い遊園地
  • 沢山の人が集まる有名遊園地

まずは、絶叫系に強い遊園地です。一人遊園地で楽しむからにはアトラクションを存分に満喫したいはずです。

となれば、絶叫系のアトラクションが多く揃っている遊園地はかかせませんよね。日本で絶叫系が有名と言えば富士急ハイランドがオススメです。

アトラクションのどれをとっても地方の遊園地のメインアトラクションとなり得るものばかりで、満足感はかなり高いはずです。それ故に多くの人が集まるので、一人ぼっち行動をとっていたとしても、気にせずに楽しむことができます。

誰かと一緒に来ているのに、一緒に来た人が絶叫アトラクションに乗れなかったんだなともっともな言い訳で自分を納得させることもできるので、富士急ハイランドはオススメです。

また人が多く集まる有名遊園地であれば、一人行動をとっていても全く目立ちません。ですから、東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパン(USJ)など超有名なところであれば、満足度も非常に高く、一人遊園地としての難易度も下がるのでオススメです。

 

 

一人ぼっち遊園地の体験談!

ここまで一人ぼっち遊園地のメリットやオススメを紹介してきましたが、生の声に勝る説得力は無いのかもしれません。

そこで、一人ぼっち遊園地を楽しんでいる方の経験談を紹介していきます。

  • とにかく絶叫系が大好きで、年間パスポートを購入する程だった。一緒に遊んでいた仲間達が続々と、結婚し家庭を持ったので一緒に行く人がいなくなった。それでもやっぱり絶叫系のアトラクションを楽しみたいので、今では誰を気にするでもなく、一人で遊園地を楽しんでいます。
  • 子供の頃から、遊園地が大好きで遊園地に行くとテンションが上がり毎日の嫌なことや、辛いことを忘れられる。誰かと行くこともあるけれど、ストレス発散したいなと感じた時には迷わずに一人ぼっちでも遊園地に足を運んでいます。
  • デートとして訪れた遊園地で、遊び始めて少しの時間でケンカをしてしまい相手の女の子は帰ってしまいました。丸々1日遊べるパスポートを購入していたので、勿体なさを感じてその日は一人で遊園地を楽しみました。それ以来一人遊園地にハマり、今でも一人で遊園地を楽しんでます。
  • 夜の遊園地のキラキラした景色が好きで、それを眺めるためだけに色々な遊園地に一人で足を運んでいます。イルミネーションとは一味違ったアトラクションを彩る色とりどりの光が好きなんです。アトラクションに乗ることもありますが、基本的には眺めてぼうっとする時間が多いです。
  • 失恋してしまい、落ち込んで立ち直れずにくよくよしていた時に、苛立ちマックスになった友人から冗談半分で言われた一言。もー絶叫でも乗って叫んで忘れてこい!と言われ、その通りに実行したところ、思いがけず発散できてしまいそれ以来、一人遊園地がやみつきになってしまったのが私です。

この様に、人それぞれの理由はありますが皆様、一人遊園地を楽しんでいるのですね。

 

 

それでは!一人ぼっち遊園地を楽しもう!

ぼっち行動のうち、遊園地は難易度が高いと言われていますが如何だったでしょうか?一人でも遊園地って全然楽しめるんだと思えた方も多いのではないかと思います。

そうなんです。一人遊園地は決して難易度は高くありません。むしろ楽しむ方法や楽しめるアトラクション、楽しめるショーが沢山あるので、他の一人ぼっち行動よりも「楽しめる度」と「満足度」は高いものになります。

孤独を感じてしまいがちな、待ち時間や待機時間の過ごし方と二人乗りのアトラクションでのやり取りさえ乗り越えてしまえば、もはや周囲の目など気にすることなく、一人ぼっち遊園地を満喫できてしまうはずです。

待ち時間や並びの時間には、スマホなどを駆使することによって有意義な時間へと変化させることも可能です。お一人様行動にはスマホは必需品ですので、相棒だと思いスマホと充電グッズは携行する様に心がけましょう。

遊園地が大好きなぼっちの皆様にも、そうでないぼっちの皆様にも、是非チャレンジして頂きたい一人ぼっち遊園地。一度チャレンジしたらハマりこむ方が多いのも、魅力が大きいと判断できるポイントですよね。

そんな魅力たっぷりの時間を、一人遊園地で過ごしてみませんか?

 

リア充さん (女性)
わーあそこでぼっちで遊園地にきている犬がいるわね!
はっちくん
わん・・・

 

ひとりぼっちディズニーは難易度が高いが楽しい!

一人ぼっちでディズニーに行きたいというあなた、ぼっち○○の中でもディズニーは難易度が非常に高いですが、意外とぼっちディズニーは楽しめるので本記事を参考にしてみましょう。 夢の国、ディズニーリゾート。国 ...

続きを見る


ひとりぼっちUSJは難易度は高いが楽しい!

一人ぼっちのUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)は非常に難易度が高いですが、本記事ではその楽しさを紹介していきます。 「一人上手」という言葉は昔から存在している表現です。上手といっても誉めている場合 ...

続きを見る







ぼち充から究極のリア充へ!

今年こそぼち充を卒業して究極のリア充を目指してみましょう。そのために、最も効率的に出会うことができるアプリ「ペアーズ」を活用して恋人を作りましょう!

自分の趣味や好みのタイプの異性を検索できるため、ぼっちやコミュ障でも気軽に話しやすい異性を簡単に探すことができます!

カップル様
私たちはペアーズでカップルになりました(*≧∀≦)ゞ

リゾートバイトで究極のリア充へ!

リゾートバイトはリゾート地に住み込みで働くアルバイトです。宿泊代・食事代・移動代など完全支給で日本全国で働くことができます。

何と言ってもこのリゾートバイト、アルバイトの中で最も簡単に出会えるバイトです。異性と共同生活を送るのでどんなコミュ障でも出会いがあるバイトなんです。

リゾートバイトの中でもここで紹介する「アルファリゾート」が最もユーザー数が多いので、興味がある方は無料登録をしておきましょう!

カップル様
リゾバをしなければ出会ってなかったわね(*≧∀≦)ゞ

-娯楽

Copyright© はっちぼっちステーション , 2019 All Rights Reserved.