大学

大学ぼっちで辛くても楽しい生活を送る方法!

更新日:

4年間の大学生活でぼっちな生活が続いてしまうと、辛い思いをしてしまう事も多いと思います。

例えば、大学の食堂で一緒に食事を食べる友達がいなく、泣く泣く一人で食べている事や、講義を一緒に受ける友達がいないので、ぼっちで講義を受けている事など。

大学での生活は高校での生活とは違い、何をするにしても自主性が必要となってきます。つまり、受け身のままで大学生活を過ごしていると、友達を作る機会に巡り会えず、ぼっち状態で辛い思いをしてしまう事もあるのです。

ですが、この自主性を裏返して言うと、何をするのもその人の自由とも言えます。つまり、ぼっちでいるという事は、自分さえよければ何をしても大丈夫という事です。

更に、周りの目を気にしなくてもいいので、非常に気楽な気持ちで過ごす事も出来ます。その上、ぼっちでいるからこそ、楽しいと思えるメリットも沢山あるのです。

一人の時間でしかできない楽しい事なども、数え切れないほどあります。

また、大学でぼっちという事は、莫大な自由な時間を持て余していると言うことも出来るのです。

一生の内で、大学生の自由な時間は、非常に貴重な時間でもあります。そんなぼっちだからこそのメリットや楽しい事を、この記事でお伝えしてきましょう。

はっちくん
ぼっちはぼっちなりの楽しさがあるんだわん!

 

 

大学生のぼっち率は意外と高い!

実は大学でのぼっち率やその割合は思っている以上に高いのです。

大学生200人に向けた「ぼっちだと感じるかどうか?」というあるアンケートがあり、そのアンケート結果によると、70%以上の割合の大学生が「ぼっちだと感じる事がある」と答えました。

一度も「ぼっちだと感じた事がない」と答えたのは、なんと20%程の割合の大学生だけという結果だったのです。

確かに、自分の大学生活を振り返っても、大学のキャンパスや食堂にいる大学生の多くは、一人でいる割合の方が多かったと思います。

すなわち、例えあなたが大学内でぼっちだとしても、世の中の大学でのぼっち率は非常に高いのです。

ですので、大学でのぼっちの率は高いのだと割り切ってしまえば、ぼっちで辛いと思う事も少なくなるのではないでしょうか?

何故なら、あなたの周りの大学の同級生の7割の割合でぼっちなのですから、ぼっちでいることに必要以上の辛い思いを感じる必要は無いのです。

「あー、周りの人たちもぼっちなんだ!ぼっち率ってやっぱり高いんだな!」と割り切ってしまって、逆にぼっちでいる事の楽しさを見出した方がお得ではないでしょうか?

ぼっち率が意外と高いという事実を確認したところで、次は、大学でぼっちでいる際に感じる楽しいメリットを紹介していこうと思います。

 

 

大学ひとりぼっちの楽しいメリット!

大学でひとりぼっちでいる事の楽しい4つのメリットをお伝えしていきます。

一つ目のひとりぼっちの楽しいメリットは、好きなご飯を食べる事ができるという点です。友達といる場合、100%自分の好きな食事をする事は出来ません。

あなたがラーメンを食べたいと思っていても、一緒にいる大学の友達たちが「パスタを食べたい」と言えば、あなたはその意見を尊重しなければなりません。

ですが、ぼっちの場合、そのような周りの意見の尊重は全く必要ありませんので、好きなご飯を決められるという楽しいメリットがあります。

二つ目のひとりぼっちの楽しいメリットは、授業に集中できるという点です。

これも食事のケースと似ているのですが、ぼっちの場合、友達に合わせる事なく、本当に自分の興味がある授業を履修できるという事です。

大学の友達に合わせて興味のない授業を履修しても、辛い思いをするだけです。ですので、これは学問に集中できるという意味でも、ぼっちの楽しいメリットの一つだと思います。

三つ目のひとりぼっちの楽しいメリットは、自由な時間が多いという点です。

友達と一緒にいる場合は、本当に自分がやりたい事を出来ません。

ですが、ひとりぼっちでいる際は、趣味を楽しんだり、読書をするなど、自分の為に、自由に時間を使う事ができます。

四つ目のひとりぼっちの楽しいメリットは、ぼっちはモテるという点です。

どういう事かと言うと、ぼっちでいる際に、他人に媚びず、ストイックに何かに打ち込んでいる姿勢は、非常にモテやすいという事です。

 

 

人生で一番時間がある大学生活で趣味を見つけよう!

大学でぼっちでいる事は、人生で一番時間がある大学生活を有効的に使えるということでもあるのです。

大学の友達と過ごすという事は、場合によっては煩わしい人間関係の問題で貴重な時間を使ってしまう可能性もあります。

折角の人生で一番時間がある大学生活を、そのような人間関係で費やしてしまうのは非常に勿体ない事です。

しかし、ぼっちならば、そのような問題で時間を費やす事はありません。

この貴重な大学生活の時間で、好きな事や趣味などを見つける事が出来ます。

それも単なる娯楽ではなく、人生をかけて自分がやってみたい事を見つけてみる事をオススメします。大学を卒業後、サラリーマンなどになってしまうと、自分が本当に好きな事や、興味のある趣味などを見つける時間がなくなってしまいます。

ですので、この時間がある大学生活で、本当に好きな事を見つけてみましょう!

「好きな事で生きていく」という言葉が一時期流行ったように、好きな事は場合によっては、お金をもらう仕事になる可能性もあります。

すなわち、好きな事を見つけられるというのは、場合によってはあなたの人生を左右する事もあるということです。

是非、大学でのぼっちの自由な時間を、趣味などの時間に費やしてみましょう!

 

 

大学ひとりぼっちの辛いデメリット!

大学でひとりぼっちの辛いデメリットについてです。

これまで、大学でぼっちでいる事の、楽しいメリットなどを中心に見て来ましたが、やはり辛いと思えるデメリットは当然あります。

それらの辛いデメリットを4つご紹介していきます。

一つ目のひとりぼっちの辛いデメリットは、情報不足になりがちという点です。

どのような情報かと言うと、授業に関しての情報や、テストに関しての情報、就活に関しての情報などです。

やはり、これらの情報はやはりぼっちの場合ですと、入手が困難になってしまう事が多くなりがちです。

二つ目のひとりぼっちの辛いデメリットは、寂しい思いをしがちという点です。

当然のことながら、周りの友達とワイワイしているリア充集団と、ぼっちの自分を比べると、虚無感などの寂しい思いをしてしまいがちです。

三つ目のひとりぼっちの辛いデメリットは、恋人ができないという点です。

恋人ができやすい人の特徴としては、人との接点が多い人です。人との接点が多い分、相性のいい異性に出会う可能性も上がりますので、恋人は作りやすくなります。

しかし、ぼっちの場合は、人との接点が少ないですので、当然のことながら相性のいい異性に出会う可能性も低くなり、恋人ができないケースが多いです。

四つ目のひとりぼっちの辛いデメリットは、卒業旅行ができないという点です。

卒業旅行をぼっちで楽しむ事もできますが、大抵の場合、友達とワイワイ卒業旅行を楽しむ事が多いです。したがって、大学卒業間近に、学生生活最後の楽しい思い出づくりを出来ません。

もし、これらのひとりぼっちの辛いデメリットに耐えられないという場合は、下記の記事を読んで友達を作りましょう!

はっちくん
「ぼっちは辛い」という思い込みはよくないわん!

 

【完全版】大学でぼっちを回避する方法!

大学でぼっちを回避する方法についてまとめました。これから大学入学するみなさん、既に大学でぼっちのみなさん、必見です。 大学で一番友達を作りやすい期間を大学生に聞けば、大半の大学生はこう答えます。「入学 ...

続きを見る

【完全版】大学生のためのぼっち飯攻略!

大学生のためにぼっち飯の完全攻略法をまとめて見ました。ぼっちの大学生が気にする問題の一つが、大学でのぼっち飯をどうするかという問題です。 最近は男性だけではなく、女性もぼっち飯問題に悩んでいる学生が多 ...

続きを見る







★★ぼち充からリア充への道★★

ぼち充から究極のリア充へ!

2018年こそぼち充を卒業して究極のリア充を目指してみましょう。そのために、最も効率的に出会うことができるアプリ「ペアーズ」を活用して恋人を作りましょう!

自分の趣味や好みのタイプの異性を検索できるため、ぼっちやコミュ障でも気軽に話しやすい異性を簡単に探すことができます!

カップル様
私たちはペアーズでカップルになりました(*≧∀≦)ゞ

リゾートバイトは最も簡単に友達ができるアルバイト!

リゾートバイトはリゾート施設や観光名所に住み込みで働くアルバイトです。住み込みのアルバイトなので、一緒に働いているアルバイト仲間と簡単に友達になることができます!

夜は部屋で飲むもよし、休みの日はアルバイト仲間と観光へ行くもよし、ぼっちを抜け出すためにはリゾートバイトが手っ取り早いです!

はっちくん
お金も稼げて友達ができるなんて最高だわん!

-大学

Copyright© はっちぼっちステーション , 2018 All Rights Reserved.